ラクマメルカリで売れない!?売れる写真の撮り方3つの法則をお伝えします

ラクマメルカリで売れない!?売れる写真の撮り方3つの法則をお伝えします

💡こんなお悩みを解決します💡

・フリマアプリで不用品を売っているけれど、なんかイマイチ売れない😭

・上手な写真の撮り方がわからなくて、悩むことがある🤔

この記事or動画を見れば、初心者の方でも3つのポイントをおさえるだけで売り上げに繋がる写真を撮ることができますよ😉👍

売上に繋げるためには、相手に「買いたい❣️」と思ってもらうことが大事です。

そのためには、パッと目に止まる一瞬の写真から「信頼感・安心感・清潔感」を感じてもらうことがとーーっても大切なんです!

今からご説明するポイントを押さえてもらえば、一定のクオリティの写真が安定して撮れるようになると思います。

動画ではより詳しく説明していますので、お時間があれば文章+動画で、ぜひできることを真似していってくださいね!☺️

結論 売れる写真の共通点3つ

売れている人の写真ってどんな商品を売っているのか「見た瞬間にがわかる」ことが多いです。

そして、もう結論を先に言っちゃいますと、その共通点は3つ!!

ズバリ、「背景・色・光」です!!

メルカリ ラクマで売れない?売れる写真の撮り方3つの法則!【前編】

メルカリ ラクマで売れない?売れる写真の撮り方3つの法則!【後編】

売り上げは写真で8割決まる!?

写真が超大事な理由!

とある研究データでは、ヒトの五感の情報処理能力のうち、視覚が87%という研究データも出ています!

それほど、「見る」ことで得られる情報が大部分を占めているんですね〜!🤔

「人間の5感の情報能力」表中に、感覚の種類とそれぞれの情報能力の割合が図示されており、 聴覚(耳)7.0%、嗅覚(鼻)3.5%、触覚(皮膚)1.5%、味覚(舌)1.0%に対して、視覚(目)87.0%であった。

照明学会編 『屋内照明のガイド』

ぜんぜん売れなかった私でも、とあるきっかけで売れるように!!

私は6年以上ヤフオクは入れると10年近くやってきて、

今はラクマだとフォロワー様4000人近くで売れるようになってきたのですが

最初はほんとに下手くそでぜんぜん売れませんでした😭😭

300円くらいで売る洋服を、1時間くらいかけて自分で着画を撮ってみたりフィルターをかけたり・・試したけど売れなくて😭

今思うとすごく時間が勿体無いですよね〜〜。笑

そんな私でも、売れるようになったのには、

売れている人の写真の共通点に気づいたからなんです!

それを真似してみると今まで売れなかったものでも、徐々に見てくれる人が増えて売れ始めたんですね😲❣️

この共通点は10年たった今でも変わってないので

売れるための写真をとる大事な要素だと思っています😉

そもそも写真にこだわる必要がない商品

写真にそこまでこだわる必要がない方は、世間でそのイメージがわかっているもの(例えば乾電池、日用品)や、レアグッズ(需要が高くそもそも買い手が分かっていて探しているもの)です🤔

それ以外の方は、写真は大事です!!何度も言いますが、大事です!写真にはこだわりましょうね!!

【背景】良くも悪くも出品者の情報ダダ漏れ【白で解決】

例えばこんな香水が売られていたら・・・

どうですか?「香水 中古 800円」

👩‍💻「汚なっ。」

👩‍💻こんな感じの部屋なのかな・・ 

そしたらフタのところとか臭いあるかも・・!?

ゴミ入ってたら嫌だなぁ・・

安いけど買うのはやめよう・・

ってなりますよね。笑

逆にですよ!!こんな背景が写っていたらどうでしょうか?

なんか良い香しそう 

きれいそう〜

 大切につかっていそう

って思いませんか?笑

写真の背景は白がベスト


・白い背景は、出品者の余分な情報がない→商品を目立せてくれる

・物の輪郭のコントラストをはっきりみせてくれる

白色の心理効果「清潔感」「新しい」

残り、色と光はまた書きます〜!

さくら

元理学療法士兼新リンパ療法士。 24歳の時にリユースアパレルショップを立ち上げ独立。28歳の時パーソナルカラーアドバイザーを所得。 もともと健康への意識が高い家庭で教育を受け、500万以上を投資し実体験を得た中で培った独自の理論と、自身の健康への知識と、服の知識、脳科学を融合し、自己実現と社会貢献のためには衣食住すべての調和が大切だと実感。トータルライフビューティーの理念を掲げ当サイトを設立。

コメントを残す

CAPTCHA